職種に合わせたカラー

社会人の中でも、特にビビッドなカラーのカラコンなどを着用しても特に問題がない方もいます。特にファッション関係の仕事の方などは、カラコンを着用しても特に違和感を感じることがありません。しかし、どんなカラーの商品を着用してもいいというものではありません。社会人の場合、ナチュラルさをポイントにしてカラーの選択をしなければなりません。カラーを決める際には、髪の色やファッションに合わせてみるといいでしょう。髪の色が黒ではなく明るい色になっている方は、黒色のカラコンよりも色の付いたカラコンを着用したほうが、より印象的です。

ファッションに合わせてカラコンの色も変えてみると違った印象を与えることになりますし、イメージチェンジを簡単に図れるのでお勧めです。特にお勧めなのは、シーズンごとにカラコンの色を変えていく方法です。シーズンによってファッションが変わりますが、季節を意識していくとファッションとカラコンの色が合っていくのでバランスの面でもいいと言えます。例えば秋冬にはシックなファッションになりますが、この時期にはビビッドよりもナチュラルカラーやダークカラーのカラコンが最も良く似合います。また春は特にナチュラルで柔らかい印象のカラー、夏には色付きのカラコンがぴったりです。